病的近視における脈絡膜新生血管とは

病的近視における脈絡膜新生血管とは

病的近視における脈絡膜新生血管(みゃくらくまくしんせいけっかん)は病的近視の方の5~10%に起こる病気で、眼底(がんてい)で出血やむくみを生じる病気です。現在、治療法は大きく進歩し、きちんと治療を続ければ、症状の改善が期待できるようになりました。

正常な状態 正常な状態と病的近視における脈絡膜新生血管の比較図
病的近視における脈絡膜新生血管 正常な状態と病的近視における脈絡膜新生血管の比較図

日本における近視性網膜症

日本人の近視性網膜症の有病率は1.7%と報告されています。男性に比べて女性の有病率は約2倍です。

■日本人の近視性網膜症の頻度
 人数(人)近視性網膜症(%)
男性9/7761.2
女性24/1,1162.2
合計33/1,8921.7

安田 美穂,Monthly Book OCULISTA 2013;4: 11-16より改変
※:本研究における近視性網膜症の定義はびまん性萎縮病変、限局性萎縮病変、
ラッカークラック(ブルッフ膜の断裂)近視性黄斑変性(黄斑部萎縮)のうち、少なくとも1つがみられるものです。

近視と病的近視

近視はアジア人では約40%にみられます。病的近視は、近視のなかでも眼の前後の長さが伸びているため、さまざまな眼底の病気を伴うものをさします。眼の前後の長さは小児期から青年期にかけて延長します。

■アジア人の近視の割合 アジア人の近視の割合
安田 美穂,Monthly Book OCULISTA 2013;4: 11-16
Wong TY et al., Am J Ophthalmol 2014; 157:9-25より改変

脈絡膜新生血管は、眼底(がんてい)で
出血やむくみを生じる病気なんだね

監修 九州大学病院 病院長 石橋 達朗 先生
福岡大学筑紫病院 眼科 准教授 九州大学病院 眼科
特任准教授 大島 裕司 先生