治療について

加齢黄斑変性の治療法

滲出型加齢黄斑変性に対して、現在行われている主な治療法は、次の3つです。

・中心窩の下に新生血管があるときに行える治療法

抗VEGF薬治療

VEGFのはたらきを抑えるお薬を目に注射します。新生血管の成長やそこからもれ出る血液中の水分を減らします。

光線力学的療法(PDT)

光に反応するお薬を腕の静脈から投与し、弱いレーザーを照射して、新生血管を閉塞させます。

・中心窩からはなれたところに新生血管があるときに行える治療法

レーザー光凝固

レーザー光線を、新生血管のあるところに照射します。新生血管の成長を止めることができますが、同時に網膜も凝固されるため、照射したところの網膜では、ものが見えなくなります。

定期的な治療の重要性

抗VEGF薬による治療は、一旦症状がよくなっても、再発することもあるため、定期的に検査と治療が必要です。
気が付かないうちに病状が進行して、視力が低下したり、見えにくい範囲が広がったりするのを防ぐためにも、定期的な検査と治療が大切です。

<見え方の変化(イメージ図)> 見え方の変化(イメージ図)

定期的な検査と治療が大事だよ

監修 日本大学医学部 視覚科学系 眼科学分野
 名誉教授 湯澤美都子先生