見え方の変化

滲出型加齢黄斑変性では、黄斑部の網膜が脈絡膜にある新生血管からの出血やもれ出た血液中の水分により傷害されます。そのため、中心部に見えないところやゆがみが生じます。

正常な状態での見え方 正常な状態での見え方の図 正常な状態での見え方の図
滲出型加齢黄斑変性 滲出型加齢黄斑変性の図 滲出型加齢黄斑変性の図

具体的な見え方

・ゆがんで見える(変視症)

中心にあるものが、ゆがんで見えます。
周辺のものは正しく見えます。

ゆがんで見える(変視症)

・中心部が見えにくい(中心暗点)

中心に見えない部分があります。

中心部が見えにくい(中心暗点)

・ぼやけて見える(視力低下)

視力が低下します。
特に、中心部がぼやけて、見ることがむずかしくなります。

ぼやけて見える(視力低下)

黄斑部の網膜が傷害されるから、中心部に見えないところやゆがみが生まれちゃうんだね

監修 日本大学医学部 視覚科学系 眼科学分野
 名誉教授 湯澤美都子先生