網膜静脈閉塞症とは

網膜静脈閉塞症とは

網膜静脈閉塞症は、網膜の静脈が詰まっている状態です。
網膜の静脈が詰まると静脈の圧力が上がり、網膜の血管が広がったり、蛇行したり、出血したりします。また、網膜に血液中の水分がたまったりして、むくみ(黄斑浮腫)を起こします。

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症の種類

網膜静脈閉塞症は、詰まった静脈の場所により、網膜中心静脈閉塞症、網膜静脈分枝閉塞症などに分類されます。

網膜中心静脈閉塞症

眼球の後方にある網膜中心静脈(根本)が詰まって発症

網膜静脈分枝閉塞症

静脈が網膜内で枝分かれしている部分(枝の部分)が詰まって発症
参考:半側網膜中心静脈閉塞症
網膜中心静脈閉塞症の特殊例。網膜中心静脈が2本ある人があり、2本のうち1本が詰まって発症するもの

網膜中心静脈閉塞症とは

網膜中心静脈閉塞症は、網膜中心静脈という血管が、詰まっている状態です。
網膜中心静脈が詰まると静脈の圧力が上がり、網膜の血管が広がったり、蛇行したり、出血したりします。また、網膜に血液中の水分がたまったりして、むくみ(黄斑浮腫)を起こします。

正常な状態 網膜中心静脈閉塞症 正常な状態 網膜中心静脈閉塞症

網膜静脈分枝閉塞症とは

網膜静脈分枝閉塞症は、網膜の静脈(血管)が詰まっている状態です。主に網膜の動脈と静脈が交差している部分に血栓ができ、血管が詰まります。
網膜の静脈が詰まると静脈の圧力が上がり、網膜の血管が広がったり、蛇行したり、出血したりします。また、網膜に血液中の水分がたまったりして、むくみ(黄斑浮腫)を起こします。

正常な状態 網膜静脈分枝閉塞症 正常な状態 網膜静脈分枝閉塞症

網膜静脈閉塞症は、網膜の静脈が詰まってる状態なんだね

日本における網膜静脈閉塞症

40歳以上の日本人では網膜静脈閉塞症の有病率は2.1%との報告があります。 男女共に有病率は年齢と共に増加する傾向にあります。

■日本人の網膜静脈閉塞症の有病率
調査年1998年
対象人数1,775人
対象年齢40歳以上
有病率
(患者数)
網膜静脈閉塞症全体網膜中心静脈閉塞症網膜静脈分枝閉塞症
2.1%
(38人)
0.2%
(3人)
2.0%
(35人)

Yasuda M et al, Invest Ophthalmol Vis Sci. 2010; 51(6): 3205-9より作表

網膜静脈閉塞症になりやすい人

網膜静脈閉塞症は、年を重ねると発症しやすい病気で、高血圧や動脈硬化と深い関連があります。網膜静脈閉塞症の患者さんの多くは、高血圧のある方です。これは、高血圧により、血管がダメージを受けること、つまり動脈硬化が影響しています。
高血圧のほかにも、血管自体の炎症により発症したり、糖尿病などの血液の粘性が増す病気がある方でも発症しやすくなります。また、緑内障のある方も発症しやすいと言われています。

網膜静脈閉塞症になりやすい人 網膜静脈閉塞症になりやすい人

監修 九州大学病院 病院長 石橋 達朗 先生
三重大学大学院 医学系研究科 臨床医学系講座 眼科学 教授 近藤 峰生 先生