小さな工夫で快適な日常生活

病気になっても生活の質をなるべく維持し、低下させないための方法をご紹介しています。

拡大鏡を活用しよう。

見やすい、使いやすい拡大鏡を探してみましょう。

見やすい、使いやすい拡大鏡を探してみましょう。

爪切りには、やすりが便利で安全。

とくに足の爪を切るのがむずかしいので、爪切りではなく、やすりを使うと便利です。

とくに足の爪を切るのがむずかしいので、爪切りではなく、やすりを使うと便利です。

あいさつできなくても、許してね。
 

「見えづらいので、ごあいさつできないこともあるかも知れません。」と断っておけば安心です。

「見えづらいので、ごあいさつできないこともあるかも知れません。」と断っておけば安心です。

段差があるところには、
目立つ印をつけて安全第一。

段差がわかりにくいことがあります。幅の広い目立つ色のテープを張るなど、判別しやすい工夫をしましょう。

段差がわかりにくいことがあります。幅の広い目立つ色のテープを張るなど、判別しやすい工夫をしましょう。

これからも毎日の生活を楽しむために、定期的な検査と治療を続けていくことが大切です。

監修 日本大学医学部 視覚科学系 眼科学分野
 名誉教授 湯澤美都子先生