糖尿病患者の方へ

糖尿病患者さんの約5人に1人は、糖尿病網膜症の恐れがあります。※1

糖尿病患者さんは定期的に眼科受診を

糖尿病患者さんの約5人に1人は、糖尿病網膜症の恐れがあります。※1

<<出典>>
〔※1〕専門医のための眼科診療クオリファイ:16糖尿病眼合併症の新展開.白神史雄編,中山書店,2013

※ 糖尿病網膜症の予防に関する糖尿病患者調査より2015年3月インターネット調査
(n=1,000)(バイエル薬品株式会社・参天製薬株式会社)

糖尿病網膜症は自覚症状のないまま徐々に進行し、失明に至るリスクを伴う病気です。
糖尿病と診断されたら、自覚症状がなくても少なくとも年1回の眼科受診が望まれます。
毎年の受診月を決め、経過観察を心がけましょう。

糖尿病で本当に怖いのは合併症です。
網膜症は、腎臓の病気(糖尿病性腎症)、神経障害と並んで糖尿病の三大合併症の一つで、失明のリスクを伴う深刻な病気です。

糖尿病で起こる
主な目の合併症と発症率

糖尿病で起こる主な目の合併症と発症率について紹介しています。

糖尿病患者さんと目の病気

糖尿病網膜症は
気づかないうちに進行します

進行してからでは視力の回復が難しい病気です。

眼科医に聞きました

網膜症と黄斑浮腫
 

網膜の血管の障害が進むと、その影響は大きく二つの変化となって現れます。

網膜症と黄斑浮腫

眼の合併症を予防するために
 

糖尿病の合併症を防ぐには、定期的な眼科受診、血糖と血圧のコントロールが大切です。

眼の合併症を予防する

監修 東京女子医科大学 糖尿病センター
 眼科教授 北野滋彦先生