医師の声 ~専門医インタビュー~

加齢黄斑変性、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症などの目の病気について、たくさんの症例を治療してきた専門の先生にお話を伺いました。
※治療の経過と結果には個人差があります。

NEW 信州大学医学部付属病院 眼科 教授 村田敏規先生 インタビュー

糖尿病と診察されたら眼科受診も必要?
- 合併症、黄斑浮腫の早期治療を勧める理由とは

村田敏規先生 画像

治療法の改善により順位を下げてきているものの、現在でも失明原因の第3位となっている糖尿病網膜症※1。その視力低下の原因のひとつに、糖尿病黄斑浮腫(DME)があります。多くの人が悩むこの病気について、現代における治療法や、日ごろの生活で気を付けるべきことなどを専門の先生にお話を聞いてきました。
※1 参考:Morizane. Y. et al. : Jpn J Ophthalmol 63 (1) : 26. 2019

東京女子医科大学 眼科 教授・講座主任 飯田知弘先生 インタビュー

患者さんの負担が少ない新しい治療スタイル「Treat & Extend」とは

飯田知弘先生 画像

加齢黄斑変性の新しい治療スタイル「Treat & Extend」(トリート・アンド・エクステンド)。この治療スタイルがどのようなものなのか、加齢黄斑変性の症状や日々の予防法なども含めて専門の先生にお話を聞いてきました。