加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)とは

加齢黄斑変性は年を重ねると発症する可能性がある病気です。

 

    滲出型加齢黄斑変性では、黄斑部の網膜が脈絡膜にある新生血管からの出血やもれ出た血液中の水分により傷害されます。そのため、中心部に見えないところやゆがみが生じます。

     

    正常な状態での見え方の図

    正常な状態での見え方

     

    滲出型加齢黄斑変性の図

    滲出型加齢黄斑変性

     

    監修 日本大学医学部 視覚科学系 眼科学分野 名誉教授 湯澤美都子先生

     

    加齢黄斑変性とは

    バイエル薬品・参天製薬による、網膜疾患(目の病気)のサイトです。日本の失明原因の第4位である加齢黄斑変性について、病気のメカニズムや症状、検査、主な治療法など、幅広くご紹介しています。